無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

黒糖まんじゅうの作り方 | つやつやもっちり優しい甘さ

黒糖まんじゅう

つやつやでもっちりした黒糖まんじゅうが、意外に簡単に作れます。
美味しいだけではなく、小豆や黒糖に含まれている栄養が摂れるのもうれしい和菓子です。
見た目もきれいので手土産にもおすすめです。

黒糖まんじゅうの作り方

黒糖まんじゅう

黒糖まんじゅう

5 from 5 votes
調理時間 1 hr

材料
  

  • 黒糖 70 g
  • 水(大さじ3) 45 cc
  • 重曹 2 g
  • 水(小さじ1) 5 cc
  • 薄力粉 130 g
  • こしあん 200 g

作り方
 

  • 小さい鍋に黒糖と水45ccを入れて火にかけます。
  • 黒糖が溶けたら火からおろし冷ましておきます。
  • 重曹と水を混ぜます。
  • 粗熱がとれた黒糖に重曹を加えてしっかりと混ぜます。
  • 薄力粉をボウルに入れ、黒糖を入れて混ぜます。
  • しっかり混ざったら生地をまとめておきます。
  • ラップをかけて30分休ませます。
  • こしあんを20gずつくらい、10等分にに丸めておきます。
  • クッキングシートを6cm角に切っておきます。
  • 薄力粉で打ち粉をし、休ませた生地を棒状に丸めます。
  • 10等分に切り分けます。
  • 一つ一つを丸め、丸く伸ばしてこしあんを包んでいきます。
  • 口を閉じたら軽く丸めます。
  • さきほど切ったクッキングシートに、まるめた生地をのせていきます。
  • 蒸気の上がった蒸し器に並べます。
  • 蓋をして10分ほど蒸したらできあがりです。

動画

このレシピのキーワード あんこ, 黒糖

あんこの作り方はこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
美味しいこしあんの作り方 | つぶあんとの違いも解説 小豆のやさしい甘さに滑らかな舌触りが人気のこしあん。 市販品も美味しいですが、自宅で作ると自分の好みに仕上げることができます。

あわせて読みたい
基本のあんこ(粒あん)の作り方|健康やダイエットとの関係は? 和菓子には欠かせないあんこ。上品な甘さの美味しい粒あんがご自宅で簡単に作れます。小豆の健康効果や手作り粒あんを使ったレシピも掲載中。

こしあんとつぶあんのカロリーや栄養価の違い

つぶあんとこしあん

レシピではこしあんを使った作り方をご紹介しましたが、お好みでつぶあんを使っていただいても美味しく作れます。

カロリーは同じくらい

こしあんとつぶあんのカロリーは、ほとんど同じです。
あんこのカロリーは、こしあんかつぶあんかではなく砂糖の量が大きく影響してきます。

小豆をそのまま使うつぶあんと皮をこして作るこしあんでは、カロリーではなく、栄養素が少し異なってきます。

つぶあんの方が栄養価が高い

つぶあんは小豆をそのまま使用しているので、小豆の皮に含まれている次の栄養素の量がこしあんよりもつぶあんの方が多くなります。

・サポニン
・ポリフェノール
・食物繊維

サポニンやポリフェノールは抗酸化作用があり、血液中のコレステロールや脂質を酸化から守ります。
サポニンとポリフェノールは、食べ物の代謝をするために毎日働いている肝臓をサポートする力があることも分かっています。
また、食物繊維は便量を増やして腸を刺激し、外に出すように促します。

こしあんの方が舌ざわりがなめらかになりますが、つぶあんの方が皮に含まれている栄養素を摂ることができるというメリットもあるので、お好みのあんこで作ってみてください。

小豆の栄養と美容・健康効果

小豆には良質なタンパク質や豊富な食物繊維・ポリフェノールなど、さまざまな栄養分がたっぷり含まれています。

美容・健康効果だけではなく、ダイエット効果も期待できる食材です。

小豆に含まれる栄養素は具体的にどんな効能をもたらすのかについては「高い栄養価をもつ小豆の美容・健康・ダイエット効果と小豆レシピ」で解説しています。

あわせて読みたい
高い栄養価をもつ小豆の美容・健康・ダイエット効果と小豆レシピ 小豆は和菓子にはなくてはならないあんこの原料として、日本人には身近な食材の一つです。 この小豆の古い歴史と、現在の日本での生産について解説していきます。
あわせて読みたい
基本の小豆の煮方|圧力鍋を使った煮方やぜんざいレシピもご紹介 はじめてでも失敗しない基本の小豆の煮方をご紹介します。鍋や電気圧力鍋を使った煮方を徹底解説!また、小豆がもつ健康効果・効能などもご紹介いたします。
あわせて読みたい
小豆から作るぜんざいの作り方 | おしることの違いも紹介 ぜんざいを小豆から作りたい方に向けて美味しい作り方もを紹介しています。自分で作れば砂糖の量を調整できるので健康が気になる方にもぴったり。圧力鍋を使えば時短調理もできるので、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい
砂糖を使わない発酵あんこ | ヨーグルトメーカーのレシピも紹介 発酵あんこの作り方を紹介しています。失敗しないためのコツや炊飯器・ヨーグルトメーカーを使う場合のレシピを載せているので参考にしてください。初めての発酵あんこ作りを成功させたい方も必見です。

黒糖まんじゅうについてのQ&A

中に入れるあんこはつぶあんでも大丈夫ですか?
あんこはお好みでつぶあんを使っていただいても大丈夫です。
こしあんとつぶあん、どちらの方が身体に良いですか?
食物繊維やサポニンなど、皮に含まれる栄養素はつぶあんの方が多く摂ることができます。
しかしどちらのあんこもお砂糖が多いので、食べ過ぎには注意してください。
黒糖や小豆がたっぷりの黒糖まんじゅうは、はダイエット中に食べても大丈夫ですか?
黒糖まんじゅうは砂糖をたっぷりと使っているので頻繁に食べるのはおすすめできません。
ダイエット中は、一週間に一度だけなど適量を食べるようにしてください。

黒糖と小豆のおすすめ商品

ちくぜん純黒糖 180g|石灰不使用 さとうきびだけで作った完全無添加の純黒糖 *クール便での発送*-かわしま屋-_t1

石灰を使わない、サトウキビだけで作られた、本物の純黒糖です。クセが無く、苦みもほとんど感じられません。黒糖が苦手、という方にもぜひ一度召し上がっていただきたい一品です。

価格
917 円
在庫数
残り0個
商品ページはこちら

徳之島産 純黒糖 1200g 無農薬栽培のサトウキビを使った純黒糖_t1

徳之島の自然の恵みをたっぷり含み、国産無農薬栽培のサトウキビを使った純黒糖です。

価格
2306 円
在庫数
残り0個
商品ページはこちら


北海道産無農薬小豆「えりも小豆」500g-平譯農園2021年秋収穫分

北海道 平譯農場にて大事に育てられました。 深いコクと上品な香りが魅力です。

価格
698 円
在庫数
残り0袋
商品ページはこちら


北海道産無農薬小豆「えりも小豆」5kg-平譯農園 2021年秋収穫分

北海道 平譯農場にて大事に育てられました。 深いコクと上品な香りが魅力です。

価格
6480 円
在庫数
残り8セット
商品ページはこちら


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。