無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

ラクトースとは―「ラクトースフリー」選ぶ?選ばない?

ラクトース

「ラクトースフリー」という言葉をご存じでしょうか?
ラクトース(乳糖)を摂ると体調が悪くなる方向けのラクトースを含まない製品たちは、グルテンフリーなどと同様欧米では一般的になってきているようです。

今回は、ラクトースについて詳しくご説明しながら、「ラクトースフリー」について、どんな方に選ばれているか、健康にとってどうなのかといったことをご紹介してゆきます。

ラクトースとは

ラクトースとは

ラクトース(lactose)とは、哺乳類の乳に含まれる二糖類で、乳糖とも呼ばれています。
特に分娩直後から数日の間に分泌される初乳に多く含まれ、ヒトの母乳中には6~7%も含まれています。
甘味は薄く、一般的な砂糖の20%ほどの甘さといわれていますが、母乳の中の糖のほとんどを占めているとされ、おっぱいのやさしい甘さをつくっています。

ヒトの母乳だけでなく牛乳や山羊乳、羊乳などにも含まれているため、一般的に乳製品にはこのラクトースが含まれています。

<乳糖が含まれる食材の例>
スキムミルク、エバミルク、練乳、生クリーム、アイスクリーム、シチュー、プロテイン、ヨーグルト、熟成チーズ

ところが、中にはこのラクトースを摂取することで腹痛などの体調不良を起こす方がいるのです。
「小さいころから牛乳が苦手だった」「牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする」といった方は、もしかしたらラクトースに反応しているのかもしれません。

そこで、海外では「ラクトースフリー」といって、ラクトースを含まない製品が次々と販売されています。
その一方では、「便秘に効く」などとして健康食品としてラクトースそのものが販売されていることも。今後は日本でもラクトースフリーの製品が増えてくると考えられ、ラクトースとの付き合い方については議論の的になってゆきそうです。

参考
https://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%B9-147025

ラクトース不耐症(乳糖不耐症)とラクトースフリー

ラクトース不耐症

ラクトース不耐症(乳糖不耐症)とは、牛乳などに含まれるラクトース(乳糖)を摂ると次のような症状が出てしまう状態のことです。

<ラクトース不耐症の症状>

  • ・腹部膨満感
  • ・腹痛
  • ・腹鳴
  • ・下痢
  • ・吐き気

「なんとなくお腹がゴロゴロする」というのがそれにあたります。
こういった症状が繰り返し出るという方はラクトース不耐症の可能性が高く、ラクトースの栄養をうまく吸収することができません。
白人よりもアジア人に多く、日本ではなんと成人の20~25%がこの症状で悩まされているというデータもあるそうです。

「でも、母乳にも含まれているんでしょう?」とお思いになるかもしれませんが、赤ちゃんの頃は乳糖を消化する酵素が小腸でたくさん作られるのに対し、離乳後には減ってしまうために、母乳が飲めたお子さんや成人の方でもラクトース不耐症になる方は多いのです。

この不快な症状を避けるために、ラクトースをあらかじめ分解した乳製品を「ラクトースフリー」製品といいます。
日本ではまだまだ一般的ではありませんが、乳製品の豊富な欧米ではスーパーに置かれていることも多いようです。

「ラクトースフリー」と聞くと、ラクトースは身体に有害で避けた方がよい成分なのだろうか? と心配になる方も多いかもしれませんが、ラクトース自体は「グルテンフリー」「シュガーフリー」などの対象になっているグルテンや砂糖などとは異なり、それを摂ることが健康に悪影響を及ぼすとはされていません。

また、ラクトース不耐症の方でも「ラクトースを少しでも摂取したらすぐに症状が出る」という訳ではなく、成人の場合は牛乳を250~375ml以上一気に飲んだときに症状が出るという方が多いようです。
ラクトース不耐症はアレルギーとは異なり、喘息や発疹、かゆみなどの症状はありません。
日常生活を支障なく送れているようであれば、無理にラクトースフリーの製品を求める必要はないかもしれません。

また、すべての乳製品がラクトースを大量に含むというわけではなく、ヨーグルトやチーズなどの発酵食品については、発酵の過程で乳糖の一部が分解されており、消化・吸収しやすくなっています。

ラクトース不耐症にお悩みの方はラクトースフリーの製品を試してみるのもよいですが、それほど困ってはいないという方は、「牛乳を空腹時に飲まない」「牛乳は一気に飲まない」「牛乳を摂るときは他の食べ物と一緒に摂る」などの対策をとることで症状を出にくくすることができるようです。

ラクトースは便秘に効く?
ラクトース不耐症の方にとっては不快な症状を引き起こすラクトースですが、一方では健康食品として販売もされています。
便秘に対する効果を期待して摂っている方が多いようですが、国立健康・栄養研究所のWebサイトによれば、ラクトースの整腸作用については「ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない」とのことです。
ラクトース不耐症の方が摂りすぎると下痢になるということですので、ラクトース不耐症ぎみの方がお腹に刺激を与えるために利用しているということかもしれませんね。
乳糖不耐症―大人もなるの?治療や検査、食べられないものは

乳糖不耐症―大人もなるの?治療や検査、食べられないものは
乳糖不耐症の症状と食べられない食材、最新の研究ととるべき対策などをまとめてご紹介いたします。
乳糖不耐症―大人もなるの?治療や検査、食べられないものはの記事を見る

参考
https://www.j-milk.jp/jidf/wp-content/uploads/2015/06/j-Lactose-intolerance.pdf

ラクトースが分解される仕組み

仕組み

ラクトース不耐症になる人とそうでない人の違いは一体どこにあるのでしょうか?
近年、それが「腸内環境」であるという説が登場して話題になりました。
乳糖の分解には大腸に存在する腸内細菌が関わっており、動物実験の結果からは腸内細菌叢の改善によってラクトース不耐症を改善できる可能性が考えられるそうです。

ではどのようにすると乳糖を分解する腸内細菌を増やすことができるのかというと、動物実験では「牛乳や乳製品を日常的に摂る」ことが効果的だったのだとか。
ラクトース不耐症の方はラクトースを一気に大量に摂ると症状が出てしまいますので、少量ずつから初めて、乳糖を分解する細菌を徐々に大腸に増やしていくとよいのかもしれません。

<ラクトース不耐症の方のラクトースとの付き合い方>

  • ①ラクトースフリー製品を購入する
  • ②ラクトースを分解する酵素(ラクターゼ)のサプリメントを服用する
  • ③ラクトースを含む食品を、一度に大量に摂取しないように気を付けながら、症状が出ない範囲で摂取する

ご自身の体調と相談しながら選んでください。

植物性乳酸菌!驚きの効果・機能とおすすめ食品

植物性乳酸菌!驚きの効果・機能とおすすめ食品
乳酸菌の中でも、特に最近よく耳にするようになった「植物性乳酸菌」の持つ驚きの効果と機能について、詳しく紹介していきます。
植物性乳酸菌!驚きの効果・機能とおすすめ食品の記事を見る

乳酸菌の種類と効果

乳酸菌の種類と効果
私たちの体を守ってくれる免疫機能が集中している「腸」。
整腸作用の他にも、乳酸菌にはさまざまな効果を発揮することがわかってきました。
今回は、乳酸菌に期待できる効果について詳しく紹介していきます。
乳酸菌の種類と効果の記事を見る

乳酸菌の上手な摂取法とは?「大腸の専門医」後藤利夫先生に聞きました。

乳酸菌の上手な摂取法とは?「大腸の専門医」後藤利夫先生に聞きました。
腸内環境が悪化するとどんな悪影響があるのか、改善するにはどうしたらいいか。
普段見ることが出来ない自分のお腹の中でどんなことが起こっているのか?
乳酸菌サプリの効果なども詳しく解説していきます!
「大腸の専門医」後藤利夫先生についての記事を見る

ラクトースについてのQ&A

ラクトースは身体に有害なのでしょうか?
ラクトースは、ラクトース不耐症の方が摂ると不快な症状が現れますが、母乳にも含まれる成分であり、身体に有害な成分ではありません。
ラクトース不耐症が治るサプリメントがあると聞きました。
ラクトースを分解する消化酵素(ラクターゼ)のサプリメントが存在します。ただし、それでラクトース不耐症が治る訳ではなく、症状を出さないためには摂り続ける必要があります。
ラクトース不耐症とアレルギーはどう違うのですか?
例えば牛乳のアレルギーは他の食物アレルギーと同様に皮膚炎や鼻炎などの症状が出ます。ラクトース不耐症の症状は腸の症状ですので症状が異なります。
ラクトースフリーの商品は栄養価が低いのですか?
ラクトースが分解されているだけであれば栄養は変わらないようです。ただし、ラクトースがより甘味の強いブドウ糖とがラクトースに分解されているため、甘味を強く感じます。
日本人はラクトースが苦手って本当?
白人と比較するとラクトース不耐症をもつ人口の割合が多いといわれています。

おすすめのラクトースフリーの商品

オリゴ糖 (粉末) 腸活シンバイオティクス【送料無料】*メール便での発送*_t1

オリゴ糖(粉末)|8種のオリゴ糖+乳酸菌・ビフィズス菌+食物繊維を独自配合でブレンドした、腸活にオススメのオリゴ糖粉末。ヨーグルトや飲み物にぴったりな、ほんのり優しい甘み。

価格
3480 円
在庫数
残り120個
商品ページはこちら

ラクトースフリー商品の定期便はこちら

腸活乳酸菌パウダー初回60%OFF


商品ページはこちら

1回目から解約OK!後払いOK!

1日2100億個の植物性乳酸菌が摂取できる、発酵植物性乳酸菌パウダーを取り扱っています。通常商品はこちら>>


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

パン作りと温泉をこよなく愛する2児の母。老後は伊豆で大きな犬と暮らすのが夢です。豆乳が好き、猫は苦手。

かわしま屋のおすすめのオリゴ糖はこちら