無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

発酵名人で作るヨーグルト

ヨーグルト

世界中で食べられている発酵食品の代表ともいえるヨーグルト。
朝食には欠かせないという方も多いと思います。

そんな日常的に食べるものだからこそ、自宅で作れば美味しくて経済的。

「発酵名人」を使えば最適な温度で保温ができるので、失敗することなくヨーグルトを作ることができます。

※発酵名人は、麹や甘酒、テンペなど数々の発酵食品を自宅で作ることのできる調理家電です。
発酵食づくりをこよなく愛するかわしま屋の沢山のお客様のリクエストを活かし、3年5か月の期間を経て開発された、オリジナル商品です。
近日発売予定です。

ヨーグルト作りの材料

材料

・牛乳 1L
種菌 1袋
・容器

ヨーグルトの作り方

1.容器を消毒する

消毒する

容器を熱湯消毒します。
きちんと消毒しておかないとヨーグルトの発酵中に雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
安全でおいしいヨーグルトを作るために、殺菌消毒はきちんとしておいてください。

消毒した後は自然乾燥で水分が残らないように乾燥させます。
消毒した後の容器内をふきんなどで拭くと雑菌がついてしまう場合があるので、しっかりと水を切って置いておいてください。

2.牛乳を入れる

牛乳を入れる

乾燥した容器に牛乳を入れます。

3.種菌を入れる

種菌を入れる

牛乳に種菌を加えます。
ここでは「ABCT菌」を使っています。

4.よく混ぜる

混ぜる

種菌が溶けるまでしっかりと混ぜます。
ここで 菌がしっかり混ざっていないと牛乳が固まらず、失敗の原因になります。

5.発酵名人の準備

準備

内釜に1カップの水を入れ、蒸し板を敷きます。

6.保温スタート

保温

容器の蓋をして、発酵名人の蒸し板にのせます。

発酵名人の蓋をして、「保温」ボタンを押し「温度」を40℃、「時間」を12時間に設定します。

7.できあがり

できあがり

12時間後、牛乳が固まっていたら容器ごと冷蔵庫に入れます。
1~2時間程で冷えて程よく固まったら、美味しいヨーグルトの出来上がりです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

コンテンツ、写真撮影担当。暇があったらキッチンで発酵食品や保存食品を作ったり、写真を撮ったりしています。趣味は一人で映画に行くこと。