無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

妊婦さんや母乳育児中の授乳期ママも安心のカフェインレス

妊婦さんも安心のカフェインレス

 

こんにちは、かわしま屋の川口です。

カフェインは、妊娠中や授乳中は良くないという話はよく聞きますよね。

私も、妊娠中は大好きな緑茶をがまんしたり、気を付けていましたが
正直、何がダメなのかよくわかっていませんでした。

今回は、カフェインが赤ちゃんに与える影響について調べてみました。

 

妊娠中のカフェインはどうしてダメなの?

 

保健指導の資料によると、

妊娠中はカフェインを分解・排泄するのに時間がかかるようです。

特に妊娠後期には代謝速度が3分の1になり、妊婦さんの体に長く留まることになります。

カフェインは胎盤を通過するため、妊娠中にがコーヒーや紅茶、お茶などを飲むと

お腹の赤ちゃんにもカフェインが移行します。

赤ちゃんは肝臓の機能が未熟なため、カフェインを排泄できず、

体内に高濃度のカフェインが留まることになってしまうそうです。

その結果、流産や早産、低出生体重児、発達障害の原因になるとする研究結果もあります。

カフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響についてまだはっきりしていませんが、

万が一を考えて、妊娠中のカフェイン摂取量には注意が必要ですね。

 
 
 


妊婦さんのカフェイン摂取量は、コーヒー1~2杯が目安

妊娠中の女性は、1日200mg未満を推奨しているそうです。
これはコーヒーであれば1日2杯なら問題ないみたいですね。

 

 

授乳中のカフェインは赤ちゃんにどのように影響するの?

 

カフェインは、母乳に移行する量が少なく、移行率は0.6~1.5%程度と言われています。

カフェインによる赤ちゃんへの「発育への影響」は今のところ報告がありません。

しかし、カフェインには「興奮」「不眠」「覚醒」などの作用があります。

カフェインに慣れていない赤ちゃんの場合は、

少量のカフェインであっても「機嫌が悪い」「夜泣きが増えた」「興奮気味」などの様子が見られることもあります。

「カフェインは母乳への移行率が低い」「カフェインは赤ちゃんへの発育上の問題はない」とされていても、

消化機能が未熟な赤ちゃんに取って、カフェインの摂取は「いいもの」ではありません。

カフェインについて、心配し過ぎなくても大丈夫そうですが、

赤ちゃんの様子がいつもと異なる場合は、カフェインを取り過ぎていないか、振り返ってみましょう。

 
 

かわしま屋では、妊婦さんや授乳中のママさんも安心してお飲みいただける
カフェインレスの飲み物をご用意しております。
ぜひご覧になってみてください。

カフェインレスコーヒードリップバッグ(有機栽培)ウインドファーム特製

オーサワの有機玄米珈琲100g

・オーサワたんぽぽコーヒー(カップ用TB)16g(2g×8包)

有機三年番茶(京都府・奈良県・三重県産)400g

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

商品ページ・コンテンツ担当。1児の母。イヤイヤ期まっ盛りの息子の子育てに奮闘中。趣味はヨガとおいしいラーメン屋めぐり。鶏皮が苦手。