無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

すぎなの葉焼酎漬けの作り方



すぎなの葉焼酎漬けの作り方

すぎなとは

すぎなはトクサ科の多年草です。3~16%の多量のケイ酸を含みます。

ケイ酸には、体内の石を溶かす働きがあると言われています。
利尿、解熱、また咳を抑えるなどの優れた薬効が昔から伝えられています。

また、すぎなには葉緑素(クロロフィル)が豊富です。
葉緑素(クロロフィル)には血液浄化作用があり、慢性病全般に効果が期待できます。

お茶として飲むのはもちろん、煎じればすぎなの葉エキスに。

ホワイトリカーや焼酎につければ、すぎなの葉の薬草酒に。

さらに入浴剤として、さまざまな生活シーンでお楽しみいただけます。

【すぎなの葉焼酎漬けの材料】
・すぎなの葉:150g程度
・お酒:1.8L…玄米焼酎やホワイトリカーを使用します。度数が35度以上の物を使用してください。
・瓶容器(4L以上の容器がおすすめ)…梅酒などに使う広い口のビンが便利です。

熊本県産【有機玄米焼酎】はこちら

すぎなの葉焼酎漬けの材料

【ステップ1 すぎなの葉を容器に入れる】
すぎなの葉を容器に入れていきます。
今回は乾燥したすぎなの葉を使用しました。
生の葉を使う場合は、よく洗い、少し乾燥させてから使用しましょう。

【ステップ2 容器にお酒を入れる】
容器にお酒を入れていきます。
すぎなの葉のエキスがしっかり抽出されるように、35度以上のお酒を使用してください。

容器にすぎなの葉を入れる・お酒を入れる

【ステップ3 すぎなの葉を定期的に混ぜる】
すぎなの葉焼酎漬の瓶を週に2-3回程度振って混ぜてください。
すぎなの葉のエキスがより抽出されやすくなります。

定期的に混ぜる

【ステップ4 2-4ヶ月程度保管する】
瓶を密封して冷暗所に保管しておきます。

2-4ヶ月程度保管する

2~4ヶ月たつと、茶色の液体ができます。
これがすぎなの葉のエキスで、すぎなの葉の成分がたっぷり溶け込んでいます。

2~4ヶ月たつと、茶色の液体ができる

通常は1ヶ月程でOKですが、濃厚なエキスが欲しい場合はより長い期間置いてみてください。
熟成させた方がエキスも良く出ますので、それだけ効果が高くなると言われています。

【ステップ5 すぎなの葉を取り出す。】
すぎなの葉焼酎漬けを2-4ヶ月程度保管した後は、すぎなの葉を取り出しましょう。

すぎなの葉を取り出す

すぎなの葉焼酎漬けの完成です。
出来上がったすぎなの葉焼酎漬けは、
常温で保存しても数年持つと言われています。

すぎなの葉焼酎漬けの完成

漬け終えた葉は、エキス分が出た残りですが、
入浴剤として使用できます。ぜひ有効にご活用ください。

葉も有効活用できる

是非ご自宅で手軽にすぎなの葉焼酎漬けづくりを楽しんでみてください。

すぎなの葉焼酎漬けづくりにおすすめの商品

すぎな茶 乾燥 スギナ 葉100g(兵庫県産)【送料無料】*メール便での発送*

栄養豊富な野草、スギナの乾燥葉。スギナ茶やスギナエキス作りに。無農薬栽培で安心してお使いいただけます。

価格
1980 円
在庫数
残り0袋
商品ページはこちら

熊本県産 有機玄米焼酎 1800ml|食中酒や野草エキス作りにピッタリの無添加焼酎 ーかわしま屋ー 【送料無料】

蔵元で大事に囲うことで完熟完成した味わい深い焼酎です。熊本県球磨産の丹精込めて作り上げた有機玄米を使用。熟練した蔵人による手造り小仕込で仕上げました。

価格
4990 円
在庫数
残り86本
商品ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

商品ページ・コンテンツ担当。20代ながら幼い2児をもち、仕事に子育てにとエネルギッシュに日々奮闘中!