無料メルマガ会員募集中
メルマガ登録

お買い物クーポン&800円相当のレシピPDF
ご登録後すぐにプレゼント!

アルガンオイルの効果と使い方|お肌と髪に嬉しいスーパーオイル

アルガンオイルの効果と使い方

「モロッコの黄金」とも呼ばれるアルガンオイル。
オリーブオイルを凌駕するともいわれる美容成分や肌馴染みの良さが話題となり、今や美容オイルの代表格のひとつと言っても過言ではありません。

今回は、そんなアルガンオイルの詳しい使い方や効果についてご紹介します!

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは

アルガンオイルは、モロッコの南西部にしか育たないとされるアルガンの木(アルガンツリー)の実の種から搾られるオイルです。

砂漠の中で深く根を張り、水分と養分を蓄えるアルガンの木。
そんなアルガンから採れるオイルにはさまざまな美容成分が含まれているといわれ、肌馴染みがよく優れた美肌効果をもつとして珍重されています。

200個の実からわずか50mlのオイルしか搾ることができないというアルガンオイル。
固い殻を割って核を取り出し、油を搾り出すという生産方法にも手間がかかり、モロッコ国内でも貴重な恵みとされているようです。

アルガンオイルの成分

アルガンオイルの主成分はオレイン酸とリノール酸です。
他に、カロテン、トコフェロール、キサントフィル、トリテルペンアルコール、ステロールなどの微量成分も含んでいます。
特にトコフェロール(ビタミンE)はオリーブオイルの数倍も含んでいるそうで、その抗酸化作用により、アルガンオイル自体も酸化に強く、劣化しづらい油であるといわれています。

アルガンオイルは食用にもなるの?

アルガンオイルは食用にもなるの?

アルガンオイルには、煎ってから搾油したローストタイプと生のまま搾油したノンローストタイプがあるとされます。
食用にされるのは主にローストタイプ。

繊細なナッツのような風味、くせのないごま油のような香ばしい風味があるとされ、モロッコでは料理にかけたり、ローストやフライなどにも使われているそうです。

食用と化粧品用では製法が異なるため、それぞれ食用にするのであれば食用に作られたものを、化粧品として使うのであれば化粧品として作られたものを使用するようにしてください。

アルガンオイル基本の使い方

アルガンオイル基本の使い方

アルガンオイルの特徴のひとつに、肌への浸透がよいということがあります。
べたつかず、サラッとした使用感で、つけた後は肌にふんわりとした柔らかさを感じられる使い心地。
オイルが苦手という方にとっても使いやすいでしょう。

アルガンオイルを顔のお手入れに使う場合は、次のような順番で使うのがおすすめです。

  • 1. やさしく洗顔し、こすらないようにタオルで水分を吸い取ります。
  • 2. アルガンオイルを数滴手のひらに伸ばし、顔全体を包み込むようにして馴染ませます。
  • 3. 化粧水を使う場合は化粧水をたっぷりと肌に浸みこませます。

美容オイル、先に使う? 後に使う?

一般的に、美容オイルの使用については
「洗顔後すぐに使い、後から使う化粧水の浸透をよくする(”ブースター”として使う)」
「化粧水の後に使い、先に浸透させた化粧水が蒸発しないように蓋をする」
という2種類の使い方があると言われています。

アルガンオイルの肌馴染みのよさを活かせるのは、ブースターとしての役割。
もちろん、好みによってスキンケアの最後に使ってもOKです。
ご自身の肌質や使用感を確かめながら使ってみてください。

アルガンオイルの効果効能

現地では伝統的に抗ニキビや抗老化、保湿、やけどや水ぼうそう跡の手当などに使われてきたというアルガンオイル。
こちらに挙げていないさまざまな効果についても現在研究がすすめられています。

効果・効能1 美白効果

美白効果

モロッコでは昔から美白効果があるとして使われてきたアルガンオイル。
最新の研究で、実際に肌のくすみやシミの元になるメラニンの生成を抑制する効果があることがわかっています。

 

効果・効能2 保湿効果

保湿効果

アルガンオイルに豊富に含まれるリノール酸には、角質から水分が蒸発するのを防ぐ効果があり、肌をなめらかに保つ効果があるといわれています。
また、リノール酸は角質層のバリア機能にとっても重要な成分で、バリアを強化する可能性も期待できるようです。

 

効果・効能3 抗酸化作用

抗酸化作用

アルガンオイルに含まれるビタミンEには抗酸化作用があり、高いアンチエイジング効果が期待できるといわれています。
実験では、閉経後の女性について食事および化粧品としてアルガンオイルを使用したグループは、オリーブオイルを使用したグループよりも皮膚の弾力性(肌のハリ)が改善していたそうです。

 

効果・効能4 紫外線から肌を守る

紫外線から肌を守る

アルガンオイルの抗酸化作用は、紫外線によるフリーラジカル(健康な細胞を傷つける分子)の影響から肌を守るといわれています。
SPFはそれほど高くありませんので、日に当たる際は他の日焼け止めと併用するようにしてください。

 

アルガンオイルはアトピーに使える?

アルガンオイルはアトピーに使える?

アルガンオイルに豊富に含まれるビタミンEは、アトピー性皮膚炎への治療効果が期待されている成分です。
また、アルガンオイルには保湿力のほか、抗炎症効果もあるといわれています。
気になる方はまず身体の一部で試し、効果があれば全身に使ってみるとよいでしょう。

使うタイミングは、入浴後の身体に水気が残っている状態がおすすめです。

アルガンオイルとホホバオイルの比較

アルガンオイルとホホバオイルの比較

アルガンオイルと同様に、乾燥地帯の過酷な環境で採取されるオイルに「ホホバオイル」があります。
混同されることの多い両者ですが、次のような違いがあるそうです。

アルガンオイル ホホバオイル
特徴 美容成分が豊富。
ビタミンEのほか、必須脂肪酸なども豊富に含む。
人間の皮脂にも含まれる「ワックスエステル」が豊富。
皮膚の保護が得意。
保湿能力 肌への浸透性が高く、親水性も高いため水分の浸透を促す 皮膚の水分を蒸発から守るバリアとして機能
スキンケアに使うなら 化粧水の前にブースターとして お手入れの最後に保護膜として

価格もアルガンオイルの方が高価、ホホバオイルの方が安価な傾向があるようです。
アルガンオイルは美容オイルとして顔中心に、ホホバオイルは万能オイルとして身体全体にというように使い分けるのもいいかもしれませんね。

ホホバオイル

ホホバオイル|全身使える万能オイルの活用法と効果・効能
安価で万能、いろいろ使える優れもの…そんなイメージのホホバオイル。
でも、ホホバオイルの中にも種類があることや、他のオイルとは違うホホバオイルだけの特徴、ご存じでしたか?
今回は、意外と知られていないホホバオイルの使い方や効果などについて、詳しくご紹介します。
ホホバオイル|全身使える万能オイルの活用法と効果・効能の記事を見る

アルガンオイルを髪に使う

アルガンオイルを髪に使う

アルガンオイルはお肌だけでなく髪のケアにも使うことができます。
方法は簡単、シャンプー、トリートメントなど通常の洗髪の後にアルガンオイルを馴染ませるだけです。入浴後のスキンケアのついでに気軽にケアできてしまいますよ。

アルガンオイルでの髪のお手入れ方法

  • ・アルガンオイル1滴を手のひらに伸ばし、タオルドライした髪の全体に馴染ませます。
  • ・少し重く感じる場合は毛先のみにつけるようにするのもおすすめです。
  • ・ドライヤーを使う前のダメージ対策にも。
  • ・乾燥が気になる時はアルガンオイルを頭皮に垂らしてマッサージに使ってもよいでしょう。
    マッサージ後、数十分入浴してから洗い流し、通常の洗髪を行います。
    血行が良くなる・潤いが感じられる・クレンジング効果も感じられるなど、たまのお手入れに取り入れると贅沢な気分を味わえます!

アルガンオイル・おすすめの使い方

アルガンオイル・おすすめの使い方

最後に、「アルガンオイルをもっと活用したい!」という方のために、おすすめの使い方をご紹介します。

アルガンオイルでオイルパック

週末のスペシャルケアとしておすすめなのがオイルパック。
毛穴のケアと保湿が同時にできてしまいますよ。

<オイルパックの方法>

  • お風呂でクレンジングをした後、顔にアルガンオイルをたっぷりとなじませます。
  • そのまま湯船に10分ほどつかりながら、指の腹を使ってやさしくマッサージします。
  • その後、通常の洗顔をしてください。
  • ちょっと贅沢ですが、しっとりモチモチのお肌が味わえます!

アルガンオイルで爪先のケア

見られていないようで見られているのが指先。
日頃のお手入れのついでに、爪や甘皮にもちょこっと塗ってみてください。
毎日のケアで、しっとりと繊細な指先を保つことができます。

また、ひびやあかぎれなどにはビタミンEが配合された化粧品が効くといわれます。
天然のビタミンEを含み、優れた保湿効果があるとされるアルガンオイルも役に立つでしょう。

アルガンオイルはクレンジングにも使える?

アルガンオイルはクレンジングにも使えます。
使い方は、手のひらにたっぷりとオイルをとり、肌にやさしくなじませてからティッシュオフするだけ。あとは通常の洗顔をすればOKです。
やわらかでしっとりとした仕上がりになるといわれますが、かなり贅沢な使い方ですね。
結婚式など「ここぞ」という日の前の特別なケアとして使ってみるといいかもしれません。

アルガンオイルについてのQ&A

アルガンオイルで油焼けをしてしまう心配はありますか?
油焼けとは、精製技術が低く不純物が混入した鉱物油などにより起こる、色素沈着などのトラブルのこと。
アルガンオイルでは油焼けの心配はありません。
アルガンオイルの保存方法は?
高温にならない冷暗所での保存がおすすめです。冷蔵庫の野菜室などに入れるのもいいでしょう。
冷えると白く濁った状態になりますが、手のひらにとると元に戻ります。
アルガンオイルはオイリー肌でも使えますか?
アルガンオイルはオイルといってもベタベタせず、スッと肌に浸透するため、オイリー肌の方でも軽やかに使用できます。
潤い不足により皮脂が過剰に分泌している場合は、その原因に対するアプローチにもなり得るでしょう。
食用アルガンオイルはどんな料理に使えばいいですか?
ごま油やカシューナッツのような味がするといわれているアルガンオイル。
まずはそのままパンにつけたり、カルパッチョやサラダのドレッシングに使ったりと生で使用してみるのがおすすめです。
アイスクリームやコンポートにかけるなど、デザートにも合うといわれています。
アルガンオイルには日焼け止めの効果がありますか?
アルガンオイルには紫外線から肌を守る効果があるとされており、SPFにすると5~9ほどであるともいわれています。
単体で日焼け止めをするほどの効果はありませんので、他の日焼け止めと併用するといいでしょう。

おすすめの商品

おすすめのかわしま屋取り扱い商品をご紹介いたします。

【30%OFF】ナイアード アルガンクリーム お試し8ml【在庫限り】

希少なアルガンオイルとミツロウのみでつくられた贅沢なクリーム。

価格
686 円
在庫数
残り0個
商品ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

この記事を書いた人

パン作りと温泉をこよなく愛する2児の母。老後は伊豆で大きな犬と暮らすのが夢です。豆乳が好き、猫は苦手。