Go Back
+ servings

びわの葉エキス湿布法

びわの葉エキスを含んだ布を湿布として利用し、鎮痛などに活用する療法です。
4.67 from 6 votes
調理時間 10 mins
材料(人分) 1

材料
  

  • びわの葉エキス
  • お湯(50℃~60℃)
  • 洗面器
  • ガーゼ 1
  • タオル 1
  • カイロ 1

作り方
 

  • 洗面器に熱めのお湯を入れ、ガーゼを浸し、固く絞ります。
  • 絞ったガーゼにびわの葉エキスを数滴ふりかけて浸み込ませます。
  • 患部にエキスの浸み込んだガーゼを当てます。
  • その上からラップをかぶせ、カイロを乗せ、タオルケットで保温します。
  • そのまま20分ほど保温します。
  • さらに蒸しタオルの上に、ビニールをかぶせ、布団や毛布をかけておくことで熱の持続性は増します。急性期の捻挫などの際は冷湿布を利用しましょう。
    基本的なビワ湿布法にかける時間は、腹部に15分、背部15分、局部15分ほどです。
    びわの葉エキスでかぶれを起こす人もいるため、事前にパッチテストなどを行っておくことをお薦めします。

動画

このレシピのキーワード びわの葉